今回のDIYは、ペグフック(パンチングボード用フック)の加工です。


雑貨屋さんでいい感じのペグフックを見つけて購入。 

ペグフック1



しかし…後ろの爪が長すぎて壁に当たる!
これでは、壁面に取り付けたパンチングボードに付けれない。


ということで、加工!
柔らかい金属、アルミかな?だったので、まずはペンチでカット。

 ペグフック2  ペグフック3



全てをカットしたら、壁に傷がつかないようにディスクグラインダーで磨きます。 
使ってる刃は紙やすりが何枚もついてるような仕上げ用の物です。

ペグフック4  ペグフック5



磨くと、表面はピカピカ!
全てを磨きます。

ペグフック6



切り口を茶色のマーカーで塗って出来上がり。


他のペグフックと比べてみました。

ペグフック7



ちょうどいい長さになりました。

ペグフック8



これで、パンチングボードが有効活用できます。


今度は加工無しで使える、ペグフックがほしいな。
鎮中なんていいかも!


今回はDIYというより、加工しただけでした。

ペグフック9









 




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TTC(角田工具製作所) ラジオペンチRP-150 1個
価格:820円(税込、送料別) (2017/3/20時点)